コアファシリティ統括センターとは

センター長メッセージ

東北大学 理事・副学長(研究担当)
コアファシリティ統括センター センター長
小谷 元子

 東北大学では、コロナ危機に続くニューノーマルの時代を見据えて「東北大学ビジョン2030」を「コネクテッドユニバーシティ戦略」へアップデートしました。研究に関わる主要施策として、ポストコロナ時代のレジリエントな社会構築に向けた研究の推進、国際共同研究コミュニティ形成と若手研究者の活躍促進、データ駆動型研究とオープンサイエンスの展開を挙げています。
 これを実現するため、2021年10月にコアファシリティ統括センターを設置し、研究環境の整備を推進しています。当センターでは、研究施設・機器(以下、設備)の維持とそれを運営する人材を一体的に管理し、これまで以上に高度で効率的な研究を推進する体制を構築します。そして、本学が取組んできた設備の共用体制を強化し、その体制を支える人材の体系的な養成を進めます。その目的達成のために、研究担当理事、人事担当理事、財務担当理事が参加する研究基盤整備戦略企画会議が当センターの運営を担います。全学的な視点から設備の整備・管理・運用が行われることとなり、設備を利用する学内外の研究者・技術者の方々のニーズに機動的に答えうる体制となりました。
 本学では、これまで主要なキャンパスが4か所に分かれていることが、設備共用化における一つの障害であることを認識し、設備利用のリモート化・スマート化に注力していました。COVID-19の蔓延はこの方向性への後押しとなり、DX化が進み、キャンパス間の設備共用がより容易となりつつあります。さらに、学外の研究者・技術者の方達の本学の設備へのアクセスも容易になりました。私たちは時代を先取りした取組を継続し、これまで本学の設備を利用されている方々にはもちろん、これから利用を検討されている方々の期待に応える質の高いサービスの提供を目指しています。引き続きご支援をよろしくお願いします。

ミッション

 本学は、「東北大学ビジョン2030」を基に、全学にわたる研究戦略、経営戦略を踏まえた教育研究の推進と研究基盤の強化に取り組んでいます。この取組の一環として、2021年10月に研究推進・支援機構にコアファシリティ統括センター(CFC)を設置し、研究施設・機器(以下、設備とします)の整備・運用計画の策定と実施や、効率的な設備運用のための人材配置・育成制度の策定と実施をすることとしました。これにより、設備の共用をはじめとする効率的な研究支援体制を構築し、本学のミッションの実現を強力に後押しします。2021年に採択された文部科学省「先端研究基盤共用推進事業(コアファシリティ構築支援プログラム)」は、このコアファシリティ統括センターの運営における推進力となっています。本学は、これらの活動を通じて図に示す研究基盤体制の構築を目指しています。

コアファシリティ統括センター
ミッション
タイトルとURLをコピーしました